Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命の力

戦争が終わった日、、日本が戦争に負けた日でしたね。。。

別に戦争がどうだとか、靖国がどうだとか、、
そんなことは個々人がどう思うかでいいと思います。。

それより、戦争と隣り合わせにあった日常というものが
どんなものだったのかをよく考えることが今の社会には
必要な気がします。。

何よりも、今より生に対する執着や生命の力がもっともっと強かったんじゃないかなって思うんです。

戦争を伝えるとき、多くがその悲惨さをあげます。
それももちろん知らなければいけないことです。

でも、そういう時代にしようがなく巻き込まれていく中で
それでも人々には日常があって、家をなくしても、一家の主をなくしても、食べ物がなくなっても
何とかして生きていかなければ、生きていたいという思い
変な言い方かもしれませんが、活気があったことを知ることがだいじなんじゃあないかなって思うんです。。

そして、それって日本だったからあったのかなとも思うんです。。
あれだけ国をむちゃくちゃにされたのに、ひとつひとつ復興していった。。着実にすごいスピードで。。
日本人の本当の強さがそんなところに如実にあらわれてる気がするんです。

なんでも苦せずして手に入るこの時代、、自由すぎて何をしたいのか分からない人たちであふれ、
気に入らないことはすべて切り捨て、責任の逃れあい。。。
なんだかマニュアルばっかり増えていく。。。。

みなさん。。もっと人間らしく、人が人と暮らし、生きていくことに貪欲になりませんか?
日本人として、、、

この日が、今ある日本になるまでにどんな生命の力があったか。。
身近な日常から少しでも思い出せる日にできるといいなあと思ったのでした。。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

若いのに・・・

感心しました。
終戦後の大変な時代に生まれた私にはありがたい言葉です。

【2006/08/17 19:15】URL | せんせい #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mimiyume2.blog27.fc2.com/tb.php/66-3232bf20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。